海外旅行保険 110番

海外旅行保険の豆知識

持病がある場合

海外旅行保険に限らず、持病を持った状態で保険に加入する事は難しいです。では、持病をもっていると、しっかりと保障をつけて安心して海外旅行に行く事が出来内のでしょうか。

持病を持っている人が海外旅行に行く時は、日本と言ういつもとは異なる環境にいくという事で、多くの不安や心配あると思います。これは、持病のある人に限らず、健康な人であっても同じ事です。この不安や心配を少しでも軽減する為に、海外旅行に行く時は、海外旅行保険に加入するのです。

現在は、海外旅行も一般化し、あまり珍しい事ではありませんが、持病があると海外旅行保険に入る事も困難になります。

一般的に、海外旅行保険では持病については、補償されないだけでなく、契約すらできないのが現状です。基本的に保険は、起きるかもしれない事を想定し、未然の状態で補償をかけておくものなので、持病をもっていると、未然という扱いにはなりません。この為、保険の加入が難しいのです。現在、海外旅行保険で持病を保障する保険は、ほとんどありません。しかし、旅行期間を短期にし、補償金額を低く設定する事で、ある程度の制限があっても、持病のある人の海外旅行保険はあります。

ただ、持病といっても、妊娠や虫歯などは該当せず、妊娠している場合は初期の妊娠であれば、妊婦用の海外旅行保険が、虫歯の場合は、ほとんどの保険が保険対象外なので、事前に治療しておくか、高額でも歯の治療も保障してくれる保険に加入する必要があります。

スポンサードリンク

PAGE TOP