海外旅行保険 110番

海外旅行保険の豆知識

加入しておくべき補償2

家族で海外旅行に行く際に、加入しておいた方がいい保険は他にも在ります。小さい子供や高齢者などは、日本と海外との環境の変化を敏感に感じとり、体調を崩してしまう事が少なくありません。海外で体調を崩してしまった場合は、すぐに病院で治療して貰えるように、家族全員で海外旅行保険に加入しておきましょう。

夏から秋にかけての台風シーズンは、少し遅い夏休みとして、海外に行く人が少なくありません。夏休みシーズンに比べて旅行費用が安く済むことから、家族で海外に行く事も珍しくありません。

この時期は、旅行料金は安いですが、地域によっては台風等の自然災害が起きる確率が高いです。旅行が台風に見まわれた場合、航空便遅延費用といった海外旅行保険のオプションに加入しておくといいでしょう。

航空便遅延費用の保険は、搭乗予定の航空機が出発を遅らしたり見合わせている場合に、その間に必要となる食事代や宿泊代を補償してくれる保険です。台風シーズンなどは、暴風雨で飛行機が遅れるだけでなく、欠航してしまう事も少なくありません。

また、海外旅行に行く際は、損害賠償の補償額は1億にしておきましょう。日本では、あまり考えられない事ですが、海外は過失による賠償責任が厳しく追及されます。

海外では賠償金として、数億円を命じられる事は一般的で、万が一のことを想定して、損害賠償の設定は1億円程度としておくのがいいでしょう。近年は、海外旅行jに行く際の最低設定額は1億円とも言われています。

スポンサードリンク

PAGE TOP