海外旅行保険 110番

海外旅行保険の豆知識

加入しておくべき補償

海外旅行保険に加入する際は、セットで加入する必要とされる保険に加入されますが、料金が高くなります。この為、フリーで加入して保険料を抑えようという人が大勢いますが、絶対に加入しておいた方がいい保険が、いくつか在ります。

海外旅行保険に限らず、保険に加入する際、最も重要視するのは補償内容です。自分の旅行を通じて、必要であるものと、必要なさそうなものをきちんと区別しておく必要があります。

もしも、海外旅行先が遠方であったり、複数の国を旅行する場合、寄託手荷物遅延費用か、旅行事故費用の補償には、加入しておいた方がいいでしょう。これらの保険は、手荷物が何らかの原因で予定通り到着しない場合に、荷物が後日届くまでの間、必要な日用品の費用を補償して貰う事が出来ます。

遠い国に旅行に行く場合、荷物が手違いで遅れてくる可能性は高くなります。また、複数の国を旅行する場合も、荷物が渡航する回数が増えるので、手違いは起こりやすくなります。このような場合、見知らぬ土地で日用品などが無いのは、大変不便になります。

また、クレジットカードに付帯した海外旅行保険で旅行する場合、補償内容が不十分であることが多く、補償が限定されていることが多いので、出発前に確認し必要な保険が含まれていない場合は、他の保険に加入しましょう。

他に、海外旅行先では、手持ちの物をなくしやすいです。日本に比べて盗難に遭う確率が高く、旅行中に置き忘れてしまう事もありますが、携行品の補償に加入していれば、故障の際の修理代や、盗難に遭った際の補償を行ってくれます。

スポンサードリンク

PAGE TOP