海外旅行保険 110番

海外旅行保険の保障内容

疾病治療費用

疾病治療費用は、海外旅行に行っているときに何らかの病気になってしまい、病気の治療の為にかかった費用を、補償してくれる保険の事です。

疾病治療費用で補償の対象になるのは、海外旅行や旅行から帰ってきて72時間以内に、病気を発症した場合に、医師の治療や入院にかかった費用や、現地で病気を説明する為に雇った通訳にかかる費用は、加入している保険金の限度まで支払って貰う事が出来ます。疾病治療費用は、帰国してからも72時間以内の発症であれば補償して貰う事が出来るので、マラリアといった海外特有の伝染病に感染している場合にも、保険の対象となる事が出来ます。

海外で病気になってしまった際に、病院で治療して貰おうとすると、日本では考えられないような、高額の医療費が請求されます。アメリカは医療費が高い事で有名ですが、アメリカで風邪をひいて治療にいくと5万円、盲腸等の病気は100万、子供の救急で外来すると10万円の医療費が請求されると言われています。アジアでも、日本語の通じる病院では、風邪の診察にいくと3万円はかかると言われています。

日本では、200万円も医療費が補償されているのであれば、旅行中の医療費は平気であると思ってしまいますが、海外旅行中ではすぐに足りなくなってしまうので注意しましょう。特に、クレジットカードに付帯している海外旅行保険中の疾病治療費用で補償されている保険金の限度額は低く設定されている事が多く、事前にしっかり確認しておきましょう。

スポンサードリンク

PAGE TOP