海外旅行保険 110番

海外旅行保険の保障内容

航空機寄託手荷物遅延費用

航空機寄託手荷物遅延費用の海外旅行保険は、飛行機に搭乗する際に航空会社に預けた手荷物が、予定の目的地に届かなかった際に適用される保険です。海外旅行に行くと多くの人が経験する可能性のあるトラブルで、荷物が予定通りに届かないと旅行のスケジュールが狂ってしまったり、最悪の場合は日用品がないので、着替えも出来ないという状況になってしまいます。

このように、手荷物が予定通りに空港に届かないのは、搭乗時間がギリギリで経由地での積み込みが間に合わず、違う場所についてしまう等の原因が考えられます。このような場合に、現地で日用品などの必要なものを購入した時の費用を保障して貰えるのが、航空機寄託手荷物遅延費用です。

ただし、航空機が到着してから6時間以内に、予定していた目的地に荷物が運搬されなかった場合が保障され、それ以降は航空会社に対して損害賠償を求める事になります。多くの場合、1回の事故につき、保障されている限度額は10万円で、やむを得ず現地にて購入した、下着や寝巻といった必要不可欠な衣類、洗面具やくしといった生活必需品、衣類などを入れる為のカバンといった最低限必要となる物が対象になります。

まずは、このう要な事故が起きないように、時間に余裕をもって搭乗手続きを行い、カバンには連絡先をきちんと記載しておきましょう。また、帰りにお土産を購入している場合は、レシートを年の為保管しておき、いざという時に証拠なるようにしましょう。

スポンサードリンク

PAGE TOP