海外旅行保険 110番

海外旅行保険の保障内容

携行品損害

携行品損害は海外旅行中に、携行していたものを盗まれてしまったり、壊れてしまった際、また火災といった事故によって破損してしまった場合に、携帯品に対して支払われる保険です。海外旅行に行く際には、スーツケースはもちろんカメラや高価な時計といった携帯品があります。

これらが盗難にあってしまったり、不注意で落として破損してしまった時に、これらを補償してくれるのが携行品損害という海外旅行保険です。カメラや時計の場合、自分の不注意で破損してしまったのであれば、ある程度諦める事が出来ますが、パスポートが盗難にあった場合、帰国する事も出来なくなってしまいます。

この場合、パスポートの再発行の手続きが必要になりますが、財布も一緒に盗られてしまった場合、再発行する為の交通費や、その間の宿泊費、また運転免許証などの証明書の再発給費用が補償の対象になっています。

海外旅行保険で携行品として補償されるのは、カメラや衣類の他、航空券やパスポートなどで、指輪や宝石といった保険加入者が所有したり、携行している身の回り品は全て保障されます。ただし、現金やクレジットカード、またトラベラーズチェックといった金品や、コンタクトレンズや動物は携行品としては補償されません。

一般的な携行品とは、旅行行程中に携行する身の回り品をさし、滞在中のホテル等で盗難にあった場合は、保険の対象には含まれません。また、海外でスポーツ目的で持ってきていたサーフボード等は、危険であると判断されているので、盗難にあったり破損しても、保険対象にはなりません。

スポンサードリンク

PAGE TOP